猫にマッサージをして触れ合いを深め飼い主との距離を縮めよう!

知識

マッサージは猫を癒す力をもっています。

また、回復力をアップさせます。

マッサージにより血流を増加させると痛みの「もと」となっているコリを減少させることが出来ます。

そのうえ、猫もリラックスし元気になるのです。

そして猫と触れ合うことで飼い主との距離を縮めことができます。

猫にも飼い主にもいいことだらけなので、ぜひトライしてみましょう。

猫のマッサージのやり方

これから猫のマッサージの仕方を6つお届けしていきます。

軽くなでる

手のひらで最初はゆっくり軽く、猫の毛並みの流れにそって、背中からしっぽにむけて軽くなでる

肩から前足へ、お尻から後ろ足へ向かって片手でなでます。

もう片方の手で、猫のわき腹か頭に添えて、猫を安心させながら、1分間に15回くらい行う。

円マッサージ

人差し指、中指、薬指を伸ばして3本そろえ、筋肉にそって円を描くようにマッサージします。

指先が猫の皮膚から離れないようにします。

猫がリラックスしてきたら、力を少しずつ加えていきます。

飼い主の利き手を使い、反対の手で猫のわき腹か頭に添えて、猫を安心させながら行います。

指圧

猫が小さい時は人差し指を使ってもいいですが、基本的には親指を使います。

猫が横たわっている時に、利き手の親指のふくらみ(腹の部分)でツボを刺激する。

猫の体に垂直に指を立てて、少しずつ力を加える

筋肉が緊張しない程度の強さで3~5秒くらい押します。

もむマッサージ

パン生地をもんだりするように、背中・わき腹・胸に沿って皮膚を親指とそのほかの指で挟んで、持ち上げたり、もんだり、ひっぱったりします。

肩・足・ももなどの筋肉や腱を、利き腕の指でゆっくりとリズミカルにもみます。

利き腕と反対の手は猫の足など支えます。

爪を立てないように注意しながら、もんであげます。

さするマッサージ

人差し指を曲げ、中指・薬指の指のふくらみ(腹)を使って、素早く滑らせてマッサージする。

毛並みに沿って移動するときは少し力を入れ、動きを止め時に力を抜きます。

首からお尻へ、お尻から足へ胸から腹へ、肩のあたりから前足へと常に毛並みに沿ってマッサージします。

1回の動きを1秒くらいの速さで行います。

猫の体をマッサージすることで、手で触れて猫の体のチェックができます。

1週間に1回は必ず触診する習慣を身につけましょう。

気功マッサージ

愛情をこめて気功マッサージをする。

①傷ついたり病気になっている場所の周りや上下に手をかざします。

体には触れないようにします。

②呼吸を整え、十分にリラックスします。

③息を吸うのに合わせて、猫の体から痛みや炎症を引き出しているとイメージします。

④息を吐きながら、あなたの生命力や「気」のエネルギーが手から流れ出て猫の体に入っていくようイメージします。

⑤気功をしている間、気功が終わった後に、猫の体が正常な状態に戻っている様子を映像化します。

猫のマッサージのメリット

心臓発作で倒れた患者が、発作後に家でペットを飼い始めると、病気が再発する確率が低くなることも発見されています。

理由はペットをなでているとき、人はゆったりとした気持ちになり、それにともなって、心拍数が低下していくためだとのことです。

アニマルセラピーなどがありますね。

「愛情が欠如すると、栄養が不足した場合と同じように、人間も猫もダメージを受ける」という科学的な研究結果もあるそうです。

愛情深いふれあいは、猫にとっても、飼い主にとっても健康と成長のために、なくてはならいものです。

愛情というエネルギーなしには、私たちは生きていくことが難しいのです。

とくに触れ合うことによって、私たちはエネルギーを与えたり、受け取ったりしているのです。

まとめ

猫にマッサージをすることでコミュニケーションをとることが出来る。

マッサージにより猫が元気になる。

猫と触れ合うことで、飼い主との距離を縮めことができる。

エネルギーを与えたり受け取ったりして飼い主にも猫にもメリットがある。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました