築地のお弁当店築地ほわいとのお店を始めた理由と築地場外市場でも愛される理由

芸能・スポーツ
スポンサーリンク

news every.で紹介されていた築地にあるお弁当屋さん「築地ほわいと」

築地で愛される人情弁当・お客さん思いのお弁当店

60種類のお弁当・鮭弁当が一番人気・元は牛乳の販売店だった!

「築地ほわいと」のお店を始めた理由にも驚きの事実がありました。

配達先の築地市場でも愛される理由について調べてみました。

スポンサーリンク

築地のお弁当店「築地ほわいと」お店情報

店名築地ほわいと
住所104-0045 東京都中央区築地6丁目7−9
交通手段東京メトロ日比谷線【築地駅】徒歩5分 東京メトロ有楽町線【新富町駅】徒歩9分
営業時間6:00〜14:00
定休日日曜日
電話番号03-3545-6722

築地のお弁当店「築地ほわいと」はご夫婦の絶えまない努力のお店

築地ほわいとの人気の影には店を切り盛りするご夫婦の絶え間ない努力があります。

朝3時にお店にくるのは夫の正一さん。

店主の喜美子さんがお店に来たらすぐに調理ができるようにと品物を

出しておいてあげるそうです。

そして3時30分に喜美子さんがお店に到着して調理が開始されます。

ご夫婦はお子さんが5人いるそうで、喜美子さんはお弁当をいっぱい作って

いたそうです。元々お弁当作りが好きだったようですね。

築地のお弁当店「築地ほわいと」のお店を始めた理由

17年前にご夫婦で始めた築地ほわいとですが、お店を始めた理由はなんと

喜美子さんの病気でした。

喜美子さんは脳内出血で倒れて左半身が動かなくなり、正一さんが車椅子を

押して生活をする状態になったそうです。

そこでリハビリも兼ねて身体を動かすことで回復に繋がればと、元々喜美子さんは

お弁当を作るのが好きだったこともあり、お弁当屋ならできるかもしれないと思って

始めたそうです。

当時は左手は全く動かなかったそうです。開店日は不安で寝られなかったと。

そんなときも一番の支えは夫の正一さんだった。

ご夫婦は中学一年生からの同級生とのことでケンカもするそうですが、お互いに

安心していられる存在なんですね。

最初は歩くことも物を持つことも困難でしたが、今では左手も生活に支障がないほどに!

今は左手でフライパンを振っているそうです。

築地のお弁当店「築地ほわいと」が築地場外市場でも愛される理由

喜美子さんのお弁当は配達先である築地場外市場・築地魚河岸でも

「築地で一番おいしいと有名だったので毎日築地ほわいとさんのお弁当を

食べています」と言われていました。

コロナ渦で売り上げが減る中、築地場外市場のお客様たちに支えられながら

お客様思いのお弁当を作る続けています。

築地のお弁当店「築地ほわいと」のまとめ

築地で愛される人情弁当・お客さん思いのお弁当店。

築地にあるお弁当屋さん「築地ほわいと」人気の影には店を切り盛りするご夫婦の絶え間ない努力があった。

17年前にご夫婦で始めた築地ほわいとですが、お店を始めた理由はなんと

喜美子さんの病気だった。

リハビリも兼ねて身体を動かすことで回復に繋がればと、元々喜美子さんは

お弁当を作るのが好きだったこともあり、お弁当屋ならできるかもしれないと思って

始めた。

当時は左手は全く動かなかったそうです。開店日は不安で寝られなかったと。

そんなときも一番の支えは夫の正一さんだった。

最初は歩くことも物を持つことも困難でしたが、今では左手も生活に支障がないほどに!

今は左手でフライパンを振れるまでに回復。

喜美子さんのお弁当は配達先である築地場外市場・築地魚河岸でも

「築地で一番おいしいと有名だったので毎日築地ほわいとさんのお弁当を

食べています」と言われている。

コロナ渦で売り上げが減る中、築地場外市場のお客様たちに支えられながら

お客様思いのお弁当を作る続けています。

営業時間が早いので平日勤めている方は行けませんが、土曜になら行けるのではないでしょうか?

一度訪れてみたいお店です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました