猫のためのキャットタワー設置とケージとキャリーケースについて!

グッズ

猫は高いところが大好きです。これは単独で狩りをしていた頃の名残の一つ。木の上など外敵から身を守り、獲物を見張っていたためです。

こうした習性を理解し、本棚や冷蔵庫の上などには余計な物を置かないようにして、猫が落ちく高い場所を確保してあげる必要があります

猫の世界ではより高い位置に陣取った方が優位と言われています。猫がリラックスし落ち着く居場所を作ってあげましょう

キャットタワー設置のポイント

キャットタワーの設置についてポイントとなることを4つご紹介します。子猫や老猫には踏み台を用意して段差を小さくするなど、年齢によって遊びやすさに配慮してあげましょう。

①家具でも代理可能

猫の為にキャットタワーが置けない場合、カラーボックスなどの家具を段々に置くことで、キャットタワーの代わりになります

②窓際に設置すれば猫が高みの見物をすることができる

窓の外を見るのが好きな猫は多いので、窓際にキャットタワーを置くと猫は高い場所から外が見られるので、ご機嫌になります。

③滑り止めには起毛タイプ

キャットタワーで思わずはしゃいでしまう猫が多いので滑りにくく、爪や脚に負担の少ない起毛タイプがオススメです。

④ステップの角が丸いと安心

勢いあまってぶつかってしまったときのためには、ステップの角が丸いと安心です。人間の子供への配慮と同じです。

ケージは広さより高さ

子猫のいたずら防止や、人が頻繁に出入りするときなど一時的に猫を過ごさせるときにケージが役立ちます。猫の爪が引っかかりにくく錆に強いプラスチック製がオススメです。

猫は上下運動が好きなので2~3段高さがあってステップのついたタイプがオススメです。ケージのポイントについて3つご紹介します。

①ケージのメリット

目を離さなければいけないときに、いたずら防止や事故の防止策となるのがケージです。また猫が夜中に起こす運動会の予防に、夜だけケージに入れて置くことで飼い主の安眠の妨げを予防できます。

②ケージ飼いで注意すること

猫をケージに入れて落ち着かない場合は上から布などをかぶせてあげましょう。ケージの中にはトイレを設置し、水も飲めるように設置しておきましょう

③ケージの置き場

日光やエアコンの風が直接当たりっぱなしだったり、まぶしすぎる場所や人の同線上は避けるようにしましょう。部屋の隅で猫が落ち着ける場所に設置する。

キャリーケースは上開きが便利

猫を飼っていると、何かと必要になるキャリーケースですが、猫のも飼い主も慣れておく必要があるので、常備しておくことをオススメします

キャリーケースは、猫を動物病院に連れていくときなど、外出する際に必須道具です。猫の爪が引っかからず、出し入れしやすいプラスチック製の上開きタイプがオススメです。

猫は本来バックのような狭いところが大好きなのですがキャリーケース→病院→注射といった恐怖体験から、拒否反応を示すことも良くありますので、普段から部屋において、ベットのように利用させたりして、猫がキャリーケースに慣れるようにしておく必要があります。

また、猫がキャリーケースから飛び出したり、暴れたりしないようにするために、洗濯ネット(網の穴の大きいのも猫が息をしやすくするため)に入れてからキャリーケースにいれてあげると猫は安心します。

まとめ

キャットタワーには設置のポイントが4つある。

①家具でも代理可能(キャットタワーを置く場所がない場合)

②窓際に設置すれば猫がご機嫌になる。

③猫が滑らないように起毛タイプのものがオススメ。

④ステップの角が丸いと安心

ケージは広さより高さが大事

ケージはプラスチック製で猫が上下運動ができるように2~3段の高さがあるものがオススメです。

キャリーケースは上開きタイプが使いやすい。洗濯ネットを利用すれば猫が暴れるのを防ぐことができる。

についてご紹介しました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました