仲万美(ナカバンビ)プロフィール!”M”のバックダンサーや紅白にも出場!

芸能・スポーツ
DSC_0724
スポンサーリンク

2021年7月19日放送の「激レアさんが連れてきた」に登場する激レアさんは、どうやら

仲万美(ナカバンビ)さんのようですね!

今回は仲万美(ナカバンビ)さんの本名やプロフィール、マドンナのバックダンサーに

なった経緯などについて調査してみました。

スポンサーリンク

仲万美(ナカバンビ)さんのプロフィール

本名:中山美菜さん

生年月日:1992年6月15日

身長:164cm

体重:48kg

出身地:熊本県

血液型:O

所属事務所:TWIN PLANET ENTERTAINMENT

バンビという名前は、中学生のときのダンス仲間が「ディズニーのバンビに似ている」とついたあだ名のようです。

仲万美(ナカバンビ)さんがダンサーになったきっかけは元ミュージカルのダンサーを目指していたが断念したお母様のススメで5歳から始めたそうですがダンスは好きでななったそうです。

その理由が生粋の集団行動苦手女子だった!と集団で同じ動きをしていることに気持ち悪いなと思っていたそうです。

ダンスレッスン中にトイレに行くと言って脱走したり、ダンスの専門学校を半年で中退したりと脱走歴があったとのこと・・・。

そんな仲万美(ナカバンビ)さんでしたが、憧れのダンサーがいてその世界観に入りたかったと黒を基調としたメイクやファッションでヴォーグダンスをします。集団ではないダンス。個性的なダンスを得意とする仲万美(ナカバンビ)さんのスタイルになったようです。

仲万美(ナカバンビ)さんがマドンナのバックダンサーになった経緯

2013年に、ダンスユニットAyaBambiを結成します。そして、AyaBambiのダンス動画をYouTubeに投稿したところ、大評判になります。

仲万美(ナカバンビ)さんは2014年の椎名林檎のライブにダンサーとして参加し、年末の紅白歌合戦にも出演したことで、国内での知名度が一気に上がりました。

その後、ダンスの先生がダンススタジオで踊りを教える際に仲万美(ナカバンビ)さんがお手伝いしたそうです、

ダンス映像をダンススタジオの宣伝の為にYouTubeに投稿した(1000万回以上の再生)数か月後に動画を見ていたマドンナさんの娘さんが推薦し、ダンススタジオから仲万美(ナカバンビ)さんにあのマドンナからオファーが来たと連絡が来たそうです。

2015年にAyaBambiとしてマドンナワールドツアー(世界55都市をまわり105万人動員)の専属バックダンサーとして約1年半同行、一緒に活動しました。

親しい人はマドンナのことを”M”と呼んでいるそうです。

2016年のリオオリンピック・パラリンピックの閉会式では、日本を代表するパフォーマーとしてダンスを披露し、世界的に有名なダンサーになりましたね。

仲万美(ナカバンビ)さんはマドンナについて「ちょっとうるさいお母さんみたいだった。女性ダンサーの中で私が最年少で、可愛かわいがってもらいました。マドンナの背中を見て多くのことを学びました」と語っていました。

残念ながらAyaBambiは2017年3月をもって活動を終了してしまったそうです。

仲万美(ナカバンビ)さんの映画作品

2019年には、映画『チワワちゃん』で俳優デビュー。2021年5月には初主演映画『ドリームズ・オン・ファイア』のほか、舞台ROCK OPERA 『R&J』のヒロインに抜擢されました。

今後は女優やタレントとして活動していくようですね。

仲万美(ナカバンビ)さんのまとめ

2013年ダンスユニットAyaBambiを結成。

2014年の椎名林檎のライブにダンサーとして参加し、年末の紅白歌合戦にも出演した。2015年にAyaBambiとしてマドンナワールドツアーにバックダンサーとして約1年半同行。

2016年のリオオリンピック・パラリンピックの閉会式では、日本を代表するパフォーマーとしてダンスを披露。

残念ながらAyaBambiは2017年3月をもって活動を終了。

仲万美(ナカバンビ)さんは今後、女優やタレントとして活動していくようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました