ニトリ珪藻土バスマットにアスベストが!返金方法や他社はどこ?

話題
スポンサーリンク

サラッとした使い心地で「気持ちよい」と口コミでも評判のニトリの珪藻土バスマットでしたが、そのニトリが12月25日、新たに9製品のバスマットやコースターから発がん性の高いアスベスト(石綿)を検出したとして、改めて自主回収すると発表がありましたね。

回収対象は約114万個増加し、計23製品355万個超となるそうです。

我が家も珪藻土バスマットを使用していますがニトリで購入した物ではないので安心しましたが・・・・。

返金方法・回収方法はどうなっているんでしょう?

計18製品からアスベスト:発表によれば、同社はニトリとデコホームで珪藻土を使った計177製品(64品目)を販売、2016年12月4日から2020年12月16日まで販売していた珪藻土製バスマットやコースターの18製品(8品目)について労働安全衛生法の基準を超えるアスベストが含まれていたそうです。

スポンサーリンク

①ヤマダデンキ(ヤマダ電機)回収対象は2020年7月以降に販売された「バスマット」。いずれも不二貿易が輸入し、ヤマダグループの店舗のほか、オンラインショップでも販売されていた。珪藻土商品のお詫びと自主回収のお知らせ (yamada-denki.jp)

②カインズ回収対象は2018年5月以降に販売された商品。バスマットのほか、コースターなども含まれる。カインズ回収対策

③イズミ(ゆめタウン)回収対象は2020年8月以降に販売された「バスマット」。いずれも不二貿易が輸入し、ゆめタウンの店頭で販売。(ヤマダデンキのものと同商品)珪藻土商品に関するお詫びと自主回収のお知らせ (izumi.co.jp)

④グッデイ回収対象は2020年9月以降に販売された「バスマット」。いずれも不二貿易が輸入し、グッデイの店頭で販売。(ヤマダデンキのものと同商品)珪藻土商品回収に関するお詫びとお知らせ.pdf (gooday.co.jp)

我が家の珪藻土バスマットが対象商品でないのかを確認する必要がありそうです。

返金方法・回収方法は

対象製品を購入された方は連絡することをオススメします。

詳しくは【第3報】お詫びと自主回収のお知らせ(一部更新版)で対象商品か確認されることをオススメします。

nitori_inspection_20122515.pdf (nitori-net.jp)

 

まとめ

ニトリが12月25日、新たに9製品のバスマットやコースターから発がん性の高いアスベスト(石綿)を検出し自主回収すると発表があった。

対象製品を購入された方は連絡することをオススメします。
詳細は同社お客様相談室(フリーダイヤル)0120-209-993まで。

なお、日本で製造された珪藻土商品を周知するために活動している日本珪藻土日用雑貨製造協会は、「当協会の会員企業が製造・販売する珪藻土バスマットは、アスベストを一切使用しておりませんので安心してご利用ください」としているようなので、すべての珪藻土バスマットにアスベストが検出されているわけではないので確認をする必要がありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました