鍋のシメ 雑炊に溶き卵を入れるときのコツで更に美味しくなる

話題
スポンサーリンク

鍋物の美味しい季節がやってきました。

寒くなってくるとお鍋が美味しくなってきますねビックリマーク

最近は鍋の素の種類が豊富になってきて

選ぶのに迷ってしまいますドキドキ

我が家では鍋のシメは雑炊派です。そこでシメの雑炊を上手く作るポイントをご存じでしょうか?鍋料理の満足感をアップさせる「美味しい雑炊の作りかた」をご紹介します。

おすすめの鍋の素

スポンサーリンク

鍋のシメ 雑炊の作り方

汁気がなくなった鍋では美味しい雑炊は作れませんので、シメに雑炊を食べるつもりなら、鍋のだしは多めに作っておくことがポイントです。

1.鍋から残った食材やカスをすくって取り出します。一旦綺麗にしておきます。
2.鍋のスープのうち、お玉1杯程のスープを別の容器に移しておきます。
3.卵は溶き卵にして、ネギは刻んでおきます。

※この時、別の容器先に移しておいた、お玉1杯分のスープで卵を溶いておきます。雑炊に溶き卵を入れるときのコツ ここがポイント!

4.鍋のスープが完全に沸騰したら火を止めご飯を入れほぐします。

5.再び火をつけ、沸騰したら、火を止め、ネギとお玉1杯程のスープで溶いた卵を入れます。
6.再び火をつけ、グツグツと沸騰して、卵が少し固まり始めたら火を止め、蓋をして3分間くらい蒸します。
7.最後に海苔を入れれば完成です。


まとめ

鍋のシメは雑炊派の方にシメの雑炊を上手く作るポイントをご紹介

雑炊に溶き卵を入れるときのコツ

別の容器先に移しておいた、お玉1杯分のスープで卵を溶いておき、鍋から残った食材やカスをすくって取り出し一旦綺麗になった鍋に、ご飯を入れほぐし沸騰したら、火を止め、ネギとお玉1杯程のスープで溶いた卵を入れると美味しい雑炊が作れます。

ぜひ、お試しください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました